スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白レンについて

>ところで白レンって何?未だにどういう生まれなのかよくわからない
……という話が出たのでちょっと説明を

最初に黒い方のレンを文中で『レン』として扱う事、
私個人の推論が含まれている事、
私がヘタレでAct-Cadenzaをクリアしていない事、
歌月十夜の内容を微妙にうろ覚えであるという事
そして長3纏というクレームは受け付けないという事を断っておきます




まずは前提の話から。
レンは「言葉を喋らない」というルールの下に行動しています。
これは「喋る事が出来ない」とか「魔術的な契約」があるワケではなく、
創造主である最初のマスターとの約束を守っているだけなんですが……
この『自ら枷をかけている』、ということが白レンの誕生に大きく関わってきます。


さて、白レンの初出はメルティブラッドRe-ACTですが、
まずこの作品にはタタリと呼ばれる吸血鬼が出てきます。
このタタリという吸血鬼は選んだコミュニティに流れる『噂』を殻として自らの存在を得るという特性を持ちます。
例えばナイフを持った殺人鬼が出没する、という噂が蔓延すればその「ナイフを持った殺人鬼」の形に。
また、対峙した人間が想像した「最悪の事態」、更にはその人間の「裏側」を模すこともあります。

このタタリもメルブラ本編(ストーリーモード)の真EDで志貴によって倒されるのですが、
タタリの残滓はしばらく街に残ったままになります。
この残滓によって起こされる事件がRe-ACTのアーケードモードのストーリーになります。
……確か。多分。恐らく。
そしてこの事件の黒幕となるのが白レンです

本来は存在し得ないはずの存在なのですが、
前述の『レンは自ら枷をかけている』ということから抑圧された能動的な感情をタタリの残滓が模した、
いわば「裏レン」とでも言うべき存在です。
事件を起こした理由は…恐らく単純に、自分が存在した証を残したかったとかそんなところでしょう。

Act-Cadenzaのレンのルートでは最終的に彼女の中に戻るのですが(多分)
…まぁたくさんのifがあるのがメルブラ、ってコトで。
ちなみにこの時初めてレンが一言だけですが喋ります
……まぁ歌月十夜で志貴とゲフンゲフンしてる時にも名前呼んでたりしましたがそこはそれ。


そんな感じでレンと和解してver.Bではマスター探しの旅に出るんですが…それはまた別の話、と。
そういえばペンタブ買ってから黒描くの初めてのような気がする





……とまぁこんな感じで
わかりにくいかなー……どうも文章にまとめるのは苦手でねぇ


けどよくよく考えたら

黒い方のレンの使われてない感情を

タタリの残滓が形にして

白レンが生まれた


…って3行にまとめられるんだけど
話わかってないとこれだけじゃ不足かなーと思ってまぁ長々と





あと関係ないけど今じゃ自分の中で黒い方は不思議ちゃんポジション
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ふむ、しゃべらないようにしてるというと
キッツイ攻め方してくやしい・・・でも・・・喘いじゃう
みたいな風に声漏らせたいね
オラオラ喘いでもいいんだぜ(ずんずん)
完全なエロゲ脳です!!

ふつーにしてるけど喘がせる志貴
そこには愛がある
それはそうと上から抑えつけてバックからとかいいよね…って何言わせるか!
どっちかというとエロ漫画脳です

初コメです

七夜がいなければ白レンはツンデレになりませんでした。七夜は罪深い男です。

いよぅ少年!
まー潜在的なモノもあったと思うけどねぇ
とりあえずドラマCD聴いてみようぜ!
あの白レンはツンデレすぎる……水橋よし!

…いやしかしまぁ確かに罪深くはあるな
個人的にテンプレ通りなツンデレはあんまり好きじゃない的な意味で
FC2カウンター
プロフィール

くまがでるぞう

Author:くまがでるぞう
水橋よし!
るーみあかわいいよるーみあ
むびょーちゃんかわかわ
阿求はエロい子

一応メッセのアドレスを
r.y.n★hotmail.co.jp
(※★を@に変えてください)

pixivやってます
ぴくしヴ
森の螺旋回廊

ウチのサークルのサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
Studio yadokaリンク
さらさらリンク他
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。